お知らせ

お知らせ

【沖縄県立鏡が丘特別支援学校で、オンライン職業講話を開催しました!】

【沖縄県立鏡が丘特別支援学校で、オンライン職業講話を開催しました!】

今回は、なんと初の沖縄県での開催…!!
担当の先生からアスリードのWEBサイトを通じてお問い合わせをいただき、クラウドファンディングの支援校として、オンライン職業講話が実現しました。

今回は、特別支援学校に通う中学2・3年生が対象。
「本校の生徒が希望の仕事に就けたとしても一人分のお仕事をこなすことは難しいかもしれませんが、“この仕事がしたい”という思う気持ちを大切に、どんなことができるか、その他にもできそうな仕事がないか一緒に考えたい。そのためにも是非、実際に働く社会人の方に出会わせてあげたい」
という先生の想いを伺い、講話は事前に職種のご希望をいただき、全3回に分けて実施することに。

第一回となった今回の職種は『児童養護施設で働く指導員や保育士』。

ピンポイントのリクエストにお応えするため、児童養護施設の支援を行うフェアスタート永岡様にご紹介をお願いしました、ありがとうございます!

横浜市にある『高風子供園』は、様々な事情があり家で暮らせない子供たちの生活を支援する児童養護施設。

そこで家庭支援専門相談員をしている職員さんに、幼少期から学生時代のご自身の経験を通して「自分にも何かできることがあるはず」とこの職業を志したこと、現場ではいつも子供たちが家庭に近い環境で安心して過ごせるよう、みんなでとことん考えていることなどをお話しいただきました。

「職員さんが一番気をつけていることは?」
「自分の意見が言えない子がいたらどうしますか?」
「子供の体調が悪くなったらどう対応するの?」

生徒の皆さんは自分たちと同じ年頃の高風子供園の子供たちのことを思いやりながら、真剣にお話を聞いていました。

子供たちの自立を目指し、長期間にわたり関わっていく仕事。家庭ではなくてもしっかり愛を注いでくれる場があって、真剣にひとりひとりのことを考えてくれる大人がいることは素晴らしいことです。

行きつ戻りつしながらも時間をかけて信頼関係を築いていくためには、
「苦しい葛藤を共感し気持ちを言葉でしっかり伝えること」
というお話が印象的でした。

「子供たちが成人した後、再会して思い出話をするのが最高にうれしい」
と、島さんは満面の笑みで話してくれました。

次回は12月。
画面越しに生徒の皆さんに会えることを、スタッフ一同楽しみにしています!!

実施レポート:ボランティアスタッフ長谷川静音

81.3FM J-WAVE ~JK RADIO~TOKYO UNITED にて活動をご紹介いただきました!

81.3FM J-WAVE ~JK RADIO~TOKYO UNITED にて活動をご紹介いただきました!

11月26日(金)朝8時20分より81.3FM J-WAVEに共同代表の武政が出演させていただきました!!

○番組名:~JK RADIO~TOKYO UNITED
○コーナー名:「KIDZANIA TOKYO EYES ON THE FUTURE」
○ナビゲーター:ジョン・カビラさん

出演時間は約5分と短い時間ではございましたが、アスリードの活動についてお話しさせていただきました。

EYES ON THE FUTURE – J-WAVE 81.3 FM JK RADIO TOKYO UNITED

「学校だけじゃない、開かれたキャリア教育はその人だけじゃなく、街づくりにも繋がる」

素敵にご紹介いただき、ありがとうございました!

※最後にご案内いただいた寄付での活動のご支援は、毎月500円からご参画いただける「マンスリーサポーター制度」をぜひご利用ください!

【11/12 神奈川県立新栄高校にて、探究学習のサポートを行いました!】

【11/12 神奈川県立新栄高校にて、探究学習のサポートを行いました!】

2021年11月12日、県立新栄高校にて2年生、3年生向けの探究学習をサポートしてまいりました!

今回は探究学習の一環ということで、従来の職業講話のスタイルではなく、
「自分が働く理由を考える(2年生)」、「将来の仕事を選ぶ視点を考える(3年生)」をテーマに、
少人数制で社会人の「働く理由」や「その仕事を選んだ理由」について、対話形式で学ぶことに。

「仕事について考えるのは一度や二度ではなく、生涯考えていく、付き合っていくものだと理解できた」
「社会人でも悩んだり不安や不満を感じた時期があったと知って、少し共感、安心、希望を感じられた」
「将来の仕事が自分に合わなくても何才からでも新しいことは始められると感じました」
「進学後の選択肢についてもう少し広い視野で考えてみようと思いました」
「最初はみんな何も分からない同士。不安が吹き飛んだと思う」

高校生たちにとって、社会に出ることはまだ見ぬ「未知の世界」。
それでも、その社会を一足先に経験している大人たちとの対話から学び、感じ取れるものがあったようです。

今回は高校生向けの新たな試みということで、アスリードのスクラムメンバー(正会員)を中心に協力をお願いし、今後のプログラム作りのためのトライアルと位置付けての開催となりました。

振り返りでは、

「2年生は漠然とした不安を持っているようなので、もう少しじっくり話せるといい」
「3年生は、話を聞くよりも自分の将来についてプレゼンするなど、“体験”があるといいのでは?」
「対話の中に、先生も入ってもらうのはどうだろう?」

実は、アスリード事務局からも、杉野が久々に登壇…。。まっすぐな意見をくれる生徒の皆さんとの対話を通じて、自分が選んできた道やアップダウンのあった人生を肯定できる機会になったと感じました。

色々なご意見をいただき、さらなる「キャリア“共育”」プログラムづくりの模索は続きます…!!

2年生・3年生ともにあっという間の1時間でしたが、一人ひとりの目を見ながら話すことで、改めて10代の若者たちが直面している悩みや不安を、大人側も感じ取ることができました。

引き続き、若者たちが自分らしく未来を歩んでいける力を育むために、皆様のご協力をお願いいたします!ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

【11/05 藤沢市立六会中学校にて、職業体験を実施しました!】

【11/05 藤沢市立六会中学校にて、職業体験を実施しました!】

アスリードとしては藤沢市で初!
そして、地元や近隣のエリアの会員企業様を中心とした16社もの皆様にご協力いただき、藤沢市立六会中学校にて、職業体験を開催いたしました✨

※なんとタウンニュース様には、登壇していただきつつ、取材もしていただきました…!!

https://www.townnews.co.jp/0601/amp/2021/11/12/599993.html

緊急事態宣言が解除され、何とか実現した今回のプログラム。
企業の皆様には、学校側からの「体験型で」とのリクエストにお応えいただき、日々のお仕事で使っていらっしゃる道具や自社製品を持参していただいたり、ワークショップを考えていただいたりと、本当に準備段階から、あたたかいお力添えをいただきました!!

控室に続々と企業の方々が到着すると、廊下では生徒さんから大きな声で「こんにちは!」の声があり、企業の皆さんからも「きちんと挨拶ができるって、素晴らしいね」と、早速交流が始まっていました。

いよいよ、それぞれの教室に移動して職業体験がスタート。

「鉄筋の結束って、難しい…」
「プロの技ってやっぱり違うね…左官って面白いな…」
「教習車って、助手席にブレーキがある!死角に入ると危ないんだね」

聞くところによると生徒の皆さんにとって、今回の職業体験は学校生活で今年初めてのイベントだったそう。

ワイワイと目を輝かせながら、身近にある「仕事」について、リアルに学ぶことができたのではないでしょうか。

参加いただいた企業様からも終了後の振り返りMTGにて

「考えもしなかった角度の質問をしてくれて、素晴らしいと思いました」
「もっと生徒の皆さんに楽しんでもらえるよう、再チャレンジしたい!」
「実はこの中学校の卒業生。後輩たちと話すことができて嬉しい」

といったご意見を、たくさんいただきました。

今回、久々に学校開催の職業体験を実現できたことで、改めて「目で見て、直接聞いて、手で触れる」ことから学べる事、得られる事の大きさを実感しました。

早くこの光景が「当たり前」に戻ることを祈るばかりです…(もちろんオンラインにも、良さがあるのですが✨

今後も、引き続き感染予防のための換気、消毒、検温徹底して、教育現場のキャリア教育プログラムを全力で支援してまいります!

企業の皆様、ご協力いただき、本当にありがとうございました!!

【定時制高校自立支援カフェ、ご協力ありがとうございます!】

【定時制高校自立支援カフェ、ご協力ありがとうございます!】

今年度も活動を続けている定時制高校での自立支援事業のSAKURA✿cafe(校内居場所カフェ)。

毎回余りがちの野菜ジュース、どうしたら持って帰ってくれるのだろうと思案していたところ、ボランティアに来てくださっている 株式会社協進印刷 真島さんの発案でおかずレシピに様変わり!

やりたいと思っていてもできないことがたくさんあり、本当に有り難い・・・。

また「ポップコーンがあるよ」と情報を頂き フードバンクかわさき へ。

ディズニーで食べるような美味しいポップコーンを大量に頂き生徒へ配布させていただきました!生徒も大喜び^^

皆様のご支援のおかげで活動が続けれられていると改めて感じました。

川崎市立高津高校定時制校内居場所カフェ「SAKURA✤cafe」は、毎週水曜日16:30~21:50まで食堂にて実施しています。

ボランティアスタッフ、食材の提供、見学大歓迎です♪お気軽にお問い合わせください!

【横浜市立茅ヶ崎中学校 一斉放送職業講話!】

【横浜市立茅ヶ崎中学校 一斉放送職業講話!】

秋のアスリードは職業講話ラッシュ!…とその前に、Facebookの更新ができていなかった開催分がありましたのでご報告させていただきます!遅くなり申し訳ございません💦

3月に開催した茅ヶ崎中学校での職業講話は、美容室のTRIPLE-ef様にご協力いただき、初めての放送室から各教室への“一斉放送”!

どの教室も真剣にメモもしつつ、時には笑いが起こる場面もありましたが、今回は放送室の設備を使用しての講話だったため、講師の方は教室の様子が全くわからないという難しい状況でした。(テレビ収録のような雰囲気でした…!)

学校からご相談をいただいた時はどうなるんだろうか…と不安でしたが、「やりましょう!」と挑戦していただいたTRIPLE-ef様、本当にありがとうございました✨

各学校、感染症対策や行事の開催状況も様々。
しかし、限られた条件の中だからこそ新しい形の職業講話が生まれていると感じています!

一斉放送職業講話ももっと試行錯誤できそうな予感。
みんながワクワクできる職業講話になるよう、引き続きチャレンジしていきたいと思います!

【高校生と会社見学に行ってきました!】

【高校生と会社見学に行ってきました!】

高校内居場所カフェを毎週利用してくれている高校生を連れて ゴーランドカンパニー 様へ会社見学に行きました!

高校生の就職活動は7月に求人情報が解禁され、8月に会社見学、9月に面接を経て内定という流れですが、1社しか受けられないという縛りがあり、不採用だった場合は振り出しに戻ってしまいます。

先月末、生徒も1社目の会社から不採用通知が届きカフェに相談に来てくれました。

職種や勤務地など希望を伺ったうえで、アスリードの若者みらいサポーターであるゴーランドカンパニー様へ。業務内容や労働環境、会社が求める人物像などを伺い、将来の「仕事」に対するイメージも膨らんだようでした。

高校内居場所カフェの目的は、居場所の提供と進路未決定者の支援です。一人でも多くの生徒が卒業後の進路が見つけられるようにサポートして参ります。

★設立2周年★マンスリーサポーター制度START!!

★設立2周年★マンスリーサポーター制度START!!

おかげさまで、アスリードは本日9/20(月)、設立から2周年を迎えました。

設立半年でコロナ禍に突入、今もなお厳しい状況が続いておりますが、立ち止まることなく歩み続けてこられたのも、ひとえに皆様のご指導・ご支援によるお力添えがあったからこそ…。事務局一同、改めまして心より御礼申し上げます。

そんな記念すべき本日、より身近に若者たちの“未来づくり”や当法人の活動を継続的に応援していただくことのできる『マンスリーサポーター制度』をスタートいたします!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

CAMPFIREコミュニティ

10代の若者に“生き抜く力”を!アスリードマンスリーサポーター

https://community.camp-fire.jp/projects/view/391105

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こちらは、毎月500円からご支援が可能となる寄付型クラウドファンディングです。

アスリードの賛助会員は地元企業様が中心ですが、こちらの『マンスリーサポーター制度』なら、広く一般の皆様にもお気軽にアスリードの活動にご参画いただけます!

★中学生や高校生のうちに、「自分の将来を考える機会」がもっとあったなら…

★若者たちのために何かしたいけど、何をしたら良いか分からない…

★こんな時代だからこそ、若者たちには「自分らしい未来」を生きてほしい!

★これからの教育には、“地域の大人の力”が必要だ!!

こんな想いをお持ちの皆様、是非『マンスリーサポーター』として、アスリードの活動を一緒に応援して下さい!!※毎月、活動報告として生徒さんや学校の“生の声”など、リアルな情報を共有させていただきます。

また、アスリードは今年度から想い新たに、これまで続けてきた10代の若者たちへのキャリア教育支援を起点としながら、地域社会、教育現場、関わるすべての人々が枠組みを超えてともに学び成長しあえる“キャリア共育”の実現を目指してまいります。

多くの方々に関わっていただくことで一人でも多くの若者の“未来”を応援できるよう、皆様のご支援をお願いできればと思いますので、またこれからも、どうぞよろしくお願いいたします。

※このクラウドファンディング(CAMPFIREコミュニティ)へのご支援で、支援者様が税制優遇を受けることはできません。予めご了承下さいますようお願いいたします。

横浜市立横浜総合高校で、『みらいGREETING』開催!

横浜市立横浜総合高校で、『みらいGREETING』開催!

8月5日、就職に向け動き始めた横浜総合高校の卒業年次の生徒さんのために『みらいGREETING』を開催いたしました!

これは、就職のための一過性のイベントではなく、学校と地元企業とが協力して生徒さんのキャリアを考えていく・サポートしていく仕組みをつくっていくための第一歩。

横浜総合高校では6月に学校×地元企業のオンライン意見交換会を実施しており、今回はそのつながりから、「合同説明会などが中止となるなかで就職に対する不安を持っている生徒たちに、地元企業やそこで働く社会人の方々と出会える機会をつくってもらえないか」というご相談を受け実現したものです。

この日のために事前に学校の先生と企業との事前MEETINGも実施し、生徒さんの状況、就職活動についての課題などを共有しあい、準備を進めてきました。

参加して下さった地元企業の4社さんはこちら!!皆さん、とっても素敵な笑顔✨

それぞれ、生徒さんと年齢の近い若手社員さんにも同席していただき、自社の紹介だけでなく、面接のときに確認しておくといいこと、会社選びのポイント、働くうえで大切なことなど、いち社会人の先輩としてのアドバイスもたくさんしていただきました。

鉄筋工事を営むイー・ケー・エスさんからは、

「働くとは何か?」「自分の“素質”を見つけるには?」というヒントをいただきました。

「どんな会社で働いていきたいとおもうか」をテーマに対話をしていただき、生徒さんもまだぼんやりとしたイメージの中から、それぞれの理想の仕事や職場について話している姿が印象的でした。

美容室を経営するTRIPLE-efさんからは、

高校卒業後に働きながら美容師を目指す道について具体的に教えていただきました。

接客の仕事に関心がある生徒さんからの質問には、2年目社員さんが一つひとつ丁寧に、最高の笑顔でその秘訣を教えてくれました。

杭打ち工事を手掛ける恵比寿機工さんでは、

2年目社員さんのお給料の使い道、休日の過ごし方など、リアルな話で盛り上がりました。

暑いこの時期の作業時に活躍する空調服には、生徒さんも先生方も興味津々!!「涼しい~」「こんな作業服もあるんだ!」と驚いていました。賑やかな職場の雰囲気が伝わってきます!!

デイサービスなどの事業を展開する介護のスマイルさん。

「仕事で辛いことは?」の質問に、3年目社員さんが「全然ないんです!」とキッパリ回答。

「体力がなくても技術を身につけるから大丈夫、実はキツくないんですよ」という言葉に

は、「私にもできるかも…」と感じた生徒さんも多かったのではないでしょうか。

慣れないスーツ姿に身を包み、緊張と不安を抱えながら自分のこれからの道を決めていく。

真剣に企業のお話や将来に向けたアドバイスをメモする生徒さんたちの背中を見ていると、もっともっと、地域の大人たちだからこそ「できること」があると実感しました。

社会人との対話を通じて、生徒さんの将来への不安が少しでもやわらぎ、

これからの自分の進路を前向きな気持ちで考えてもらえたら嬉しいです。

横浜総合高校は、キャリアガイダンス部の先生方を中心に、校長先生はじめたくさんの先生方がこのような取組みを積極的に推進してくださっていて、いつも勉強になります。

年間を通じたサポートや、学年をまたいだ支援が実現できるよう、これからも地域一丸となった「キャリア“共育”」を目指し、色々な方法を模索していきたいと思います。

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!!

★★『みらい百花』NO.02 発行!★★

★★『みらい百花』NO.02 発行!★★

皆様、大変お待たせいたしました!!ついに…

未来に自分らしい花を咲かせるためのキャリア図鑑
『みらい百花』NO.02 が発行となりました!!
https://aslead.org/program/?id=mirai

アスリードが県内の中学校・高校を中心にお届けしているキャリア教育支援誌『みらい百花』NO.02は、

38社の若者みらいサポーター企業の皆様に取材へのご協力をお願いし、まさに色とりどりの“働く大人たちの人生ドラマ”をご紹介しています✨

「”学び”は向こうからはやってこない」
「”信頼”は一日にしてならず」
「人生は”出会い”によって拓かれる」
「自分の将来は、自分で決める」
「一人じゃないから、強くなれる」
「”知らないこと”をパワーに変えて」
「失敗も甘えも、すべては自分次第」
「仕事に”天才”はいない」

中高生の身近なところで日々働いている大人たちが、
仕事を通して身につけてきたこと。
人生の中で大切にしていること。

その一つ一つの言葉には重みがありながらも、
「中学生・高校生のみんなにも、きっとできるよ!」と
背中を押してくれるような響きがありました✨

早速追加発送のご依頼、職業講話のお問合せも頂戴しています!

一人でも多くの中学生・高校生に『みらい百花』がとどきますように!!

取材にご対応頂いた企業の皆様、そして、発行に際しご支援頂いた皆様、
本当にありがとうございます!!

大きな感謝を込めて、『みらい百花』NO.02 、完成です✨

もうすぐ発行!『みらい百花02』 印刷現場に潜入!!

もうすぐ発行!『みらい百花02』 印刷現場に潜入!!

アスリードが制作・発行するキャリア教育支援誌『みらい百花』。
今年も年明けからzoomでの取材をスタートし、怒涛の編集期間を終え、いよいよ完成間近!!

本日は、この『みらい百花02』の印刷の様子をご紹介します!!

ここは、今回印刷を担当してくださった株式会社ウイル・コーポレーションの関東第一工場。
千葉県の成田空港にほど近い工業団地の中に、大きな印刷工場が現れました!

今回『みらい百花02』を印刷するのは、この巨大なオフセット輪転機!!
巨大なトイレットペーパーのような印刷用紙に連続して高速で印刷していくのです。
オフセット印刷は数ある印刷方式のなかでも、大量に同じものをつくっていくのに最適。
皆さんが普段からよく手に取る新聞やパンフレット、折り込みチラシなどの多くは、このオフセット印刷でつくられています。

みらい百花で紹介している色々な仕事の鮮やかな写真も文字も、実はすべて
「墨(ブラック)」「藍(シアン)」「紅(マゼンダ)」「黄(イエロー)」
という4つの色から創り出されるというから驚きです…!!

印刷ユニットには、それぞれインク、水、ページごとの印刷版のローラーが内蔵されていて、ゴムでできたブランケットとよばれる転写ローラーが紙にふれて色をのせていく仕組みになっています。

「印刷に水を使うの?」と驚きましたが、印刷版は色をのせる部分にだけインクがつくよう、それ以外の部分にはインクを弾く水をつけているのだそう。印刷って、化学だ…!!

徐々に色が載っていき…カラフルな表紙が姿を現します!!!
インクがのって、ちょっと湿った感じ。

ここから、高温で乾燥&冷却と機械のなかを通して、インクをしっかりと紙に定着、なじませていきます。

紙をピンと張って送り出し、ページごとにカットや折りといった加工を施していきます!!

印刷の途中にも、印刷や仕上がりの具合を見ながら機械をチェック。

常に人の手で機械の調子を確認しキレイな環境を保つことで、クリアな印刷物が作り続けられるのですね…。

印刷できたらそこで終了ではありません。
「写真の色味はどう?」「ちょっと赤みがつよいかな?」「折りはズレてない?」
さらに各印刷ユニットのインクの量などを調整します。総工場長の“職人”の背中、カッコいいですね…!!

最後は、指定の数量にまとめて次の工程へ…。自動化され、機械のアームが表紙を続々と運んでくれています!

すべてのページの印刷が済んだら、製本へ…。またその工程は、次号!!

★★★

印象的だったのは、印刷機でダイナミックに量産しながらも、給紙や色合いの調整、仕上がりのチェックは、細やかな人の「手」と「目」で行われているということ。

「印刷工場の仕事は、印刷機に紙をセットする給紙の作業から始まる。簡単に見えるかもしれないけれど、この作業がしっかりできていないと、印刷中に紙が切れてしまったりすることもある。どんな仕事も、最初の工程がものすごく大事だということを、若い世代にも伝えるようにしています」

勤続18年の総工場長の言葉に重みを感じ、中高生に働く大人たちの“人生ドラマ”を伝えるこの冊子もまた、働く大人たちの日々の努力と熱意によってつくられているのだということを改めて実感しました・・・!!

発行までもうすぐ!!

印刷工場の皆さん、引き続きどうぞよろしくお願いいたします…!

土浦市立土浦第三中学校で、オンライン職業講話を開催しました!【クラファン支援第3弾】

土浦市立土浦第三中学校で、オンライン職業講話を開催しました!【クラファン支援第3弾】

2021年7月13日、アスリード初!県外の中学校にて「オンライン職業講話」を開催しました。

コロナ禍での職業講話の開催方法について検討しているなか、アスリードのWEBサイトを発見し、「オンライン職業講話について知りたい」と担当の先生からメールでお問い合わせいただいたことがきっかけです。

事前授業として、アスリードのキャリア教育支援誌『みらい百花』や、
新たな動画コンテンツ『わたしごと』も活用し、準備を進めてくださいました。

そして、今回は6社の企業様をコーディネート。

「茨城県出身なので是非!」ということで参加して下さった方や、
みなとみらいの景色を一望できるオフィスからの中継、
普段見ることのできない製造工場の内部へのバーチャル見学…
各社の皆様、それぞれに工夫をこらしていただきました!

事前準備には時間を費やしましたが、
物理的な距離があっても機会を創ることができるオンライン職業講話の可能性を
改めて実感しました…!!

【生徒さんの声 抜粋】

・現在、働いている人からの言葉はやはり説得力があると思いました。

・「元からあるものをより良くする」というのも大切な仕事だと思いました。

・皆さんが、「中学生の頃には今の仕事に就くとは考えていなかった」とおっしゃっていたので、焦らずじっくり考えていくのでも良いのかなと思いました。

・「今は学歴が大事」って友達が言っていて、自分もそうだと思って今まで頑張ってきたけれど、それだけじゃないと気付くことができたので、やる気をもって、将来に向けてさらに頑張っていきたいです。

★ ★ ★

当日の講話の様子は、クラウドファンディングの活動報告で詳細をお伝えしています!先生や生徒さん、登壇していただいた企業の皆さまの声もいただいていますので、是非ご覧になってください!!

https://camp-fire.jp/projects/333982/activities/298566#main