お知らせ

お知らせ

★★応援お願いします!★★オンライン職業講話のためのクラウドファンディングに挑戦中!11/12~12/25!!

★★応援お願いします!★★オンライン職業講話のためのクラウドファンディングに挑戦中!11/12~12/25!!

かねてより、県内の中学・高校で『オンライン職業講話』を実施するため、トライアル・プログラム企画を進めておりましたクラウドファンディングのプロジェクトを本日11月12日(木)AM7:00から立ち上げることとなりました!

https://camp-fire.jp/projects/view/333982


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
『”今”だからこそ、オンラインで『職業講話』を続けたい!!』
期間:11月12日(木)AM7:00~12月25日(金)PM23:59
https://camp-fire.jp/projects/view/333982
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【プロジェクト立ち上げの経緯】

皆様のご協力にて制作しております『みらい百花』創刊号発行以来、

「コロナ禍で従来通りの職業講話や職場体験のプログラムが実施できない」
「こんな時だからこそ、生徒に”将来の道”を考える機会をつくってあげたい」

と、多くの学校からSOSや相談の声をいただいておりました。

7月から横浜中学校・横浜市立並木中学校・川崎市立中野島中学校で感染リスクを最小限に抑えた『オンライン職業講話』をトライアル実施し、学校から「今後のキャリア教育の新しい形」とお声をいただきました。
★トライアルの様子はこちらから https://aslead.org/program/?id=teacher

オンライン実施には、学校・企業双方の設備の状況確認や生徒たちへのZOOM等の取扱い指導等も必要となり、これまで以上に時間と労力を要します。
また職業講話や職場体験は学校側の予算がほとんどなく、これまでもほぼボランティアでの支援を続けてまいりました。

1校でも多くの学校で『オンライン職業講話』を実施していくため、クラウドファンディングを通じて、広く地域の方々、地元企業の皆様にも資金援助をお願いしたく、このプロジェクトを立ち上げました。

【プロジェクトを応援して下さい!】

本プロジェクトでは目標金額300万円、1年間で15校での実施を目標としております。職業講話は、中学生・高校生の”将来の選択肢”を広げる第一歩です。

また新たに感染が広がっているなかで、『オンライン職業講話』のニーズはますます高まり、地域の力が必要となってまいります。是非、皆様のご支援を宜しくお願い致します!!

★支援額とリターンについて★

①  5,000円…生徒の感想をメールでお届けします!
② 10,000円…①+みらい百花を1冊お届けします!
③ 30,000円…②+応援メッセージを開催学校に掲示します!
④ 50,000円…②+応援メッセージ動画を開催時に上映します!
⑤ 100,000円…④+感謝状をお届けします!

※詳細は、上記記載のクラウドファンディングのプロジェクトページをご参照くださいませ。

皆様のご支援が、若者たちの背中を押す”パワー”になります!

是非ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

川崎市立中野島中学校で、オンライン職業講話を開催!

川崎市立中野島中学校で、オンライン職業講話を開催!

2020年10月7日、川崎市内では初めての開催となるオンライン職業講話「いきる・はたらくインタビュー」を開催しました。

若者みらいサポーターである12社の企業様にご協力いただき、生徒たちは12クラスの教室にわかれ、それぞれのPCと大型モニターをつないでの実施。

スムーズに会話や画面共有ができるか?学校のインターネット回線に支障は出ないか?トラブルはゼロではありませんでしたが💦学校、各企業の皆様のご協力のおかげで、無事に完走することができました…!!

終了のチャイムの後には、「うちの会社のお話、面白かったよ」と友達や先生に自慢げに話す生徒さんもいて、先生たちも「教室にいながら、会社の内部や工場で動く工作機械、介護施設、知らない世界をのぞくことができた」と生徒さんと同じように目を輝かせていました✨

#KOZAKIKAKU
デザインに対する想いが伝わってきたし、働き方もよく分かりました。とてもおもしろかったです。
身のまわりにあるロゴを作っている人がいるのだと改めて実感しました。
最初は興味なかったけど、話を聞いているととてもすてきな感じで楽しそうで…良いなと思いました。

#恵比寿機工
仕事に対していいイメージがあまりなかったのですが、自分がどれだけ楽しめるかが大切だと知り、自分らしく働きたいと感じました。
働くようになったら、仲間を大切にしたり、仕事のやりがいを考えながら仕事をしていきたい。

#東急テクノシステム
わたしや家族も鉄道をよく使わせてもらっています。いつも安全運行のためにありがとうございます。
僕はまだ勉強することに楽しさを感じたことはないのですが、勉強をやり達成感が生まれるまではあきらめずに頑張ってみようと思いました。
今の学校生活がいかに大切かを学びました。

#ヨコレイ
「ありがとう」だけでは働くのは辛いんじゃないのかなと思っていたけど、働く意味のひとつになっていると気づき、自分は何を働く意味としよう…と興味を持つことができた。
目標を持って一つの仕事をするのと、目標を持たずに仕事をするのとでは、出来ばえや終わった後の達成感も違うというのが分かった。

#オンザウェイ
質問の返答を聞くたびに全員が楽しんで仕事をしている姿が想像でき、無線機に関わる仕事に対するイメージが良くなりました。
笑顔で優しく答えてくれて会話もはずんだし、緊張したけど、そんなこと忘れて楽しく会話できました。

#池田鉄工
普段あまり見ない鉄工の仕事を間近で見て魅力も分かったし、何より雰囲気が良く、将来こんなところで働けたらいいなと思いました。
「単純な作業でも気を抜かず行う」すごく胸に刺さりました。まさに今の自分が行うべきことだと思いました。

#神奈川ナブコ
自分に合った会社で働くことはどんなにいいことかということも分かりました。
どんな質問にもまっすぐに真剣に返してくださったことがとても嬉しかったです。
もしかしたら、私が通ったドアが○○さんがつくってくれたドアかもしれないですね!感謝しながら通りたいと思います。

#スマイル金沢文庫
お年寄りの方とふれあう楽しさがよく分かりました。
今まであまりいいイメージがなかった社会のイメージが変わりました。
”失敗”もあるんだなと思い、少し安心しました。

#大協技研工業
お客様によりそった製品をつくられているのだと思いました。
部活でサッカーをやっているのですが、大人になってからは役に立たないと思っていました。ですが経験を聞いてサッカーをもっと頑張ろうと思うことができました。

#サンエー
仕事につくルートにはたくさんの道があり、自分がかなえようと思った夢は早いうちに実現させる必要があると知りました。
「得」ではな「徳」を積もうと思った。

#ジンコーポレーション
「自分のやっていることは、本当にやりたいことなのか?」と見直すことができました。
「周りに合わせようとすると失敗してしまうけど、自分が選んだやりたいことをすると不思議と成功する」が印象に残っています。

#日崎工業
自分は会社を継ぐとかがないから、自由に仕事が選べる。やりたいことが見つかるまで、調べたり、必死に勉強しようとも思った。
チャレンジという言葉がたくさん出てきて、やはり失敗をおそれないとか何かに一生懸命取り組むことはとても素晴らしいと改めて感じました。

※感想は、一部抜粋・要約しています。

反省点もたくさんありますが、コロナ禍でも前を向いて生徒さんに向き合い新しい試みに挑戦する先生の姿にも学ぶことが多く…私たちも、ひとつずつ経験を積み上げていきたいと思います!

お忙しいなか、ご協力いただいた若者みらいサポーターの皆様、本当にありがとうございました!

※アスリードでは、コロナ禍の学校でのキャリア教育プログラム開催を応援するため、12月25日まで、クラウドファンディングに挑戦しています!是非、地域の皆様のご支援を宜しくお願い致します!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
『”今”だからこそ、オンラインで『職業講話』を続けたい!!』
期間:11月12日(木)AM7:00~12月25日(金)PM23:59
https://camp-fire.jp/projects/view/333982
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

相模原市立藤野中学校で職業インタビュー準備講座を行いました

相模原市立藤野中学校で職業インタビュー準備講座を行いました

2020年9月18日に相模原市立藤野中学校でアスリードが1・2年生合計89名の生徒さんを対象に『職業インタビュー準備講座』を行いました。

今回は2年生が、地元の社会人にインタビューして記事をつくる体験学習を行う前の事前学習として、出版物を作る仕事の裏側と、インタビューの心得をお伝えしてきました! (1年生はインタビューには行きませんが、せっかくなので聞かせたい!との先生のご要望で一緒に参加することになりました。)

前半は出版物を作る仕事についてや、「みらい百花」の制作の裏側をお伝えしつつ原稿の校正を体験をするワークを。 後半はインタビューのコツをお伝えして、実践編として二人一組でひとつのテーマについて話を深堀りして聞いていくワークを行いました。

校正では鋭い着眼点で「ここも間違っていると思います!」と指摘してくれた生徒さんや、初めてのインタビューに苦戦しながらも、なんとか相手の話を聞き出そうと奮闘する姿を見ることができました。

その様子を見守ってくれていた校長先生や先生方も、「インタビューの練習を毎日したら、自然とコミュニケーションも上手になりますね…!」「ほかの学校の先生にも、面白い授業だから教えてあげたい!」と、手ごたえを感じてくださったようで、ほっと一安心…。

★★感想★★ ※一部抜粋しています。
・編集という仕事はそれを見る側の目線で考えたり大変な仕事だと思った。今回の講演会を機に、資料の工夫や編集してくださっている人の「大切な物」だということを思い出して、目を通していきたい。

・大人になって、働くということは細かいことまでやらなければならず、とても大変なのだと思った。しかし、その中には楽しさもあるということが分かった。

・講演会でインタビューをした時に「インタビューってこんなにも楽しくなれるんだ」と思った。友達の目を見て、たくさん質問することができた。実際に自分がインタビューをするときがきたら、笑顔でやりたい。

・出版物に携わる仕事に、営業職もあることを知らなかった。自分がこれから仕事をする際には、何事にも誇りを持ってやっていきたいです。

・実際に友達と話し合って、どうすればもっといい聞き方ができるのか工夫することができた。また相手に共感して質問することが大事だと分かった。質問する側も、される側も相手の気持ちを考えることが大切だと分かった。

・もし今回の講演会がなかったら、自分が疑問に感じたものを聞き返さずに終わってしまう危険性もあったため、しっかりと仕事の大変さや大事なことを聞き出したいと思う。

・今回の講演会で見直しの大切さを強く感じました。その労力は自分の為だけではなく、みんなのためにあることを実感しました。

★  ★  ★

インタビューの奥深さや楽しさ、コミュニケーションの大切さを改めて気づかせてくれるコメントが多く、中学生の吸収力の高さ、何事も学ぼう・楽しもうとするチカラを実感。キャリア教育を通じて、中学生の“未来の可能性”が拡がってくれることを願っています!

※現在アスリードでは、コロナ禍の学校でのキャリア教育プログラム開催を応援するため、12月25日まで、クラウドファンディングに挑戦しています!是非、地域の皆様のご支援を宜しくお願い致します!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
『”今”だからこそ、オンラインで『職業講話』を続けたい!!』
期間:11月12日(木)AM7:00~12月25日(金)PM23:59
https://camp-fire.jp/projects/view/333982
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

タウンニュース様(金沢区・磯子区版)に掲載いただきました

タウンニュース様(金沢区・磯子区版)に掲載いただきました

2020年9月17日のタウンニュース金沢区・磯子区版にアスリードの活動を掲載いただきました。


https://www.townnews.co.jp/0110/2020/09/17/542749.html

横浜中学校・並木中学校でのオンライン職業講話の取り組みや、みらい百花について紹介されています。

オンライン職業講話にむけた企業様向けガイダンスを行いました

オンライン職業講話にむけた企業様向けガイダンスを行いました

このところ学校さまからのご要望が多いオンラインでの職業講話。10月にまた川崎の公立中学校で開催を控えており、企業様向けのガイダンスを実施いたしました。

今回は、アスリードとともに若者たちを応援する若者みらいサポーター、12社の地域企業の方々にご協力いただく予定です。生徒さんの数も多く、また新たなチャレンジになります…!!

たくさんの企業様にご協力いただく私たちの事業では、ひとつのプログラムに対して、学校側・企業側ともに、内容や想いをしっかり共有することが大切です。

オンラインで事前ガイダンスをするようになったことで、企業様にも学校の現状をお伝えする機会が増え、ある意味ではコロナが良い影響をもたらしてくれたのかもしれません…。

学校の状況、予算や開催タイミングなどによっては、充分にサポートできない部分もありもどかしさを感じることも多いですが、関われるプログラムには、できるだけ良いプログラムを提供できるよう、これからも尽力していきます。

キャリア教育は、学校の力だけではその実現が難しい取り組みです。

地域企業の皆様のご協力、広く市民の皆様のご支援、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!!

横浜市立並木中学校でSDGs学習会を開催しました

横浜市立並木中学校でSDGs学習会を開催しました

2020年9月10日、横浜市立並木中学校でSDGs学習会をコーディネート。
7月末に発行したみらい百花を事前学習としてご活用いただき、SDGs特集のページにご協力いただいた4社の皆さまにご登壇いただきました。

コロナ対策を兼ねて4社のうち2社はオンライン職業講話で実施。生徒は事前に2社を選択し、1社目は対面で社会人の熱気を、2社目はオンラインで現場感を感じることができました(^^)

★生徒の皆さんからの感想★

★大川印刷さま
人権について、社会問題について深く知れた。「人の立場になる」「他人ごとにしない」などが心にささった(中学2年男子)
誰一人取り残さない。すごくいいと思いました(中学2年男子)
未来を作るのは他人ではなく「自分」ということ、情熱と勇気があれば何とかなるとおしえてもらえた(中学2年女子)
印刷するとき温室ガスを出さないための工夫を知り、たくさんの工夫・取り組みがあるんだなと思いました(中学3年女子)
SDGsの達成目標の10年後はまだまだ先のことだと思っていたが、「人生はあっという間」という言葉を聞き、今から未来について考えようと思った(中学3年女子)
今までSDGsは身近に感じられなかったけれど、今回の話を聞いてより身近に感じた。私には何ができるのか考えられた(中学1年女子)
今の世界、地球がどれくらい危険なのか思い知らされました。まず自分が出来ることからチャレンジしてみます(中学1年女子)
過去は変えられないが未来は変えられると言っていて、今から頑張ろうと思いました(中学3年男子)

★太陽住建さま
平等について学べた。今度社会を変えるのは自分たちという自覚も持てた(中学2年男子)
自分の弱いところを長所に変えていったり、環境にたいし意見をしっかり持ち、地域の人たちを助けていく活動がすごいなと思いました(中学2年男子)
「人と人とのつながり」の大切さについて考えることができた(中学3年女子)
ここまでの努力がとても伝わって(中略)あこがれのようなものを持つことができました。今日聞いたことを絶対に忘れずにいます(中学1年男子)
パートナーシップの大切さを感じることができた。今の日本の現状を知り将来私も社会に貢献できたらいいなと思いました(中学1年女子)
ペットボトル6本でTシャツができると聞いてすごくビックリしました!(中学1年女子)
人とのコミュニケーションを大切にしていたり、空き家の新しい使い方にも社会へのメリットであふれていてとてもいいと思った(中学2年女子)
自分もポイ捨てをするときがあるのでこれからはしないと思いました(中学1年男子)

★IKEAさま
SDGs全体に取り組んでいて素晴らしかった。今度IKEAに実際に行ってみます(中学2年女子)
地球を第一に考えて仕事をしてくれているんだなと思いました(中学3年女子)
不平等な人がいなくなるように、しっかり活動に取り組んでいてかっこいい(中学3年女子)
家具屋さんという認識だけだったのですが、食べ物やエネルギー、もちろん家具についてもSDGsを考えていることを知りました(中学3年女子)
素材なども考えて地球の負担を減らしているのがすごいと思いました(中学2年男子)
トウモロコシで食器を作ったり、サトウキビで袋を作ったりする発想がおもしろいと思いました(中学3年男子)

★ヨコハマSDGsデザインセンターさま
オンデマンドバスというのを今日はじめて知って未来がとても楽しみになりました(中学1年女子)
環境のことだけでなく人々の生活を変えることを大切にしている事が分かりました(中学2年女子)
企業どうしなどたくさんの人が一緒になっ今の課題を解決することが大切なのだなと思いました(中学3年女子)
今でもかなり便利な時代なのに、そこからデメリットを指摘してよりよい生活が送れるように考えているのがすごいと思いました(中学2年女子)
自分も地球の環境にやさしくして、プラスチックごみをあまり出さないようにしたいと思いました(中学2年男子)

★  ★  ★

感想からは、各企業・団体の方々のSDGsの取り組みの面白さ、視点の広さ、奥深さに興味を持って聴いてくれていたことが伝わってきました。お話を聞く中で、未来の主役が「自分」であることに気づき、人とのつながり、社会に向き合うことの大切さ、「自分に何ができるか」を考えるきっかけを届けることができたのではないかと思います。


SDGsは色々な社会課題に向き合うことになりますが、若い世代の生徒のみんなが「ワクワクする!」と思ってくれたのはとても嬉しいこと。ご協力いただいた大川印刷さま、太陽住建さま、IKEAさま、ヨコハマSDGsデザインセンターさま、改めてありがとうございました!

※アスリードでは、コロナ禍の学校でのキャリア教育プログラム開催を応援するため、12月25日まで、クラウドファンディングに挑戦しています!是非、地域の皆様のご支援を宜しくお願い致します!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
『”今”だからこそ、オンラインで『職業講話』を続けたい!!』
期間:11月12日(木)AM7:00~12月25日(金)PM23:59
https://camp-fire.jp/projects/view/333982
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

東京新聞様に掲載していただきました

東京新聞様に掲載していただきました


2020年9月9日の朝刊に共同代表理事の武政が掲載されました。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/54317

『みらい百花』創刊号、コロナ禍のキャリア教育についてお話させていただいております。

是非ご覧ください♪

【みらい百花創刊号レポート】横浜環境保全株式会社様

【みらい百花創刊号レポート】横浜環境保全株式会社様

「未来そして子供たちのために “環境保全事業”を通して地域社会に最も貢献する」というミッションのもと、横浜市を中心に廃棄物の収集・運搬など、3R事業(Reduce・Reuse・Recycle)を行う横浜環境保全様。

子どもたちが描いた絵をプリントしたデザインパッカー車を、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

今回『みらい百花』の趣旨に賛同いただき、瀬谷事業所に所属するドライバーの若きエースを取材。

「子どもの頃から大きな車に乗るのが夢だったんです」と、デザインパッカー車の前で撮らせていただいた写真は、少年のように輝く笑顔でした!

掲載誌をお届けすると「この仕事を、子どもたちが憧れる仕事にしたいという想いがある。たくさんの地元の中学生や高校生に届くと嬉しい」とコメントいただきました。

ご協力いただき、ありがとうございました!

日本経済新聞様に掲載していただきました

日本経済新聞様に掲載していただきました

2020年9月3日朝刊にアスリードの活動が掲載されました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63308860R00C20A9L82000/

アスリードでは、こんなご時世だからこそ、日本の未来を担う若者に自分の将来と真剣に向き合う機会を届けたいと、キャリア教育支援誌「みらい百花」とオンライン職業講話を実施しています。

今回アスリードを代表して取材にご対応いただいた株式会社サンケイエンジニアリング 笠原社長のコメント「誰かがやらなくてはいけない」という言葉通り、キャリア教育には地域の力が必要です。

この記事を通じて、地域の子どもたちの為に力を貸していただける企業様が増えてくれることを願っております。

【みらい百花創刊号レポート】 ヨコハマSDGsデザインセンター様

【みらい百花創刊号レポート】 ヨコハマSDGsデザインセンター様

創刊号の巻頭特集は、地元企業が取り組むSDGsの活動を取りあげました!

「未来の主役となる若者たちに、身近にある”SDGs”について知ってもらえるなら…」と取材に協力してくださったのが、ヨコハマSDGsデザインセンター様。

「SDGs未来都市・横浜」の実現を目指し、市民や企業等との多様な連携をうみだし、課題解決に取組む中間支援組織です。https://www.yokohama-sdgs.jp/

今回、誌面では横浜市内に拠点を置く4社の企業様の取り組みをご紹介しています。

株式会社大川印刷 https://www.ohkawa-inc.co.jp

株式会社太陽住建 https://www.taiyojyuken.jp

株式会社ニックス https://nix.co.jp/

イケア・ジャパン株式会社 IKEA 港北 https://www.ikea.com/jp/ja/

早速学校からも「SDGsの取り組みについて、生徒たちに話をしてほしい」「生徒と一緒にSDGsについて考えるきっかけになる」とお声をいただいており、ご相談…。

ご協力、ありがとうございました!

地元で学ぶ中学生・高校生たちへ!『みらい百花』創刊!

地元で学ぶ中学生・高校生たちへ!『みらい百花』創刊!

2020年7月31日、前身の活動で長年発行してきたキャリア教育支援誌『さくらノート』のリニューアル版『みらい百花』が、やっと、やっとやっと発行となりました!!!

『みらい百花』は地元企業を中心に、社会でイキイキと働く様々な業種・職種の大人たちを取材し、その姿を紹介していくキャリア図鑑。未来にそれぞれの“自分らしい花”を咲かせてほしいという想いをこめて、これから年一回、神奈川県内を中心に中学校・高校等へお届けしていきます!

現在の社会情勢から、未来を悲観的に捉えてしまう若者も多いと思います。こんな時こそ、大人たちが頑張っている姿や力強いメッセージを発信することで、光を見出してもらえたら…!

教育現場でのコロナ禍でのキャリア教育の一助になればと、今号から編集室が考えた5つのワークも公開しています。どんな冊子か気になる…!読んでみたい!読ませてみたい!自分の会社も載ってみたい!という方がいらっしゃいましたら、是非事務局までご連絡くださいませ…✨

まずは、発行にご協力いただいたアスリードの若者みらいサポーターの皆さま、本当に本当にありがとうございました…!!心からの感謝を込めて…!!

『みらい百花』に掲載されている職種・会社をご紹介します!】

■巻頭特集 SDGsと私たちのくらし
株式会社大川印刷 株式会社ニックス 株式会社太陽住建 イケア・ジャパン株式会社 IKEA港北

■職業インタビュー
パン職人 株式会社ポンパドウル
建築工事現場監督 株式会社栄港建設
ヘアゴム・組み紐製造 株式会社イノウエ
コンタクトプローブ製造・設計・開発 株式会社サンケイエンジニアリング
食品品質保証 株式会社江戸清
建設設杭打ち重機オペレーター 恵比寿機工株式会社
自動ドアメンテナンス営業事務 株式会社神奈川ナブコ
金型製造設計 昭和精工株式会社
無線機レンタル営業 株式会社オンザウェイ
次世代住宅販売 株式会社サンエー
鉄筋工 株式会社イー・ケー・エス
自動車整備士 神奈川三菱ふそう自動車販売株式会社
施設・設備管理 株式会社日本電力サービス
仮設機材管理 株式会社ファームマネージメント
商業施設運営 株式会社横浜岡田屋
ユニット鉄筋製造積算・製造指示 株式会社ハウスメッシュ
鉄骨製造・加工 池田鉄工株式会社
精密板金加工 株式会社スタックス
プリント基板検査・梱包 株式会社シーエス工業
保険営業 株式会社仲亀 
輸入車販売 株式会社ゴーランドカンパニー
廃棄物収集運搬ドライバー 横浜環境保全株式会社

■企業インタビュー 
大協技研工業株式会社

■社長に聞く!
株式会社木本工業所

■もっと知りたい!学校の先生
学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校

■特別企画 仕事もプライベートも楽しもう! 社会人の!!ON/OFF
建設  株式会社ヨコソー
不動産 株式会社南荘石井事務所
建設 株式会社小池設備
IT・情報・デザイン 明日の株式会社
建設 岡村建興株式会社
建設 株式会社エスワイシー
製造 株式会社スリーハイ
環境 株式会社オオスミ
飲食 株式会社エムワイ
不動産 株式会社ウイッツコミュニティ

■まなぶ!はたらく!学校特集
かなテクカレッジ東部 株式会社関電工

コロナに負けるな!オンライン職業講話開催

コロナに負けるな!オンライン職業講話開催

毎年キャリア教育をサポートさせていただいている横浜中学校さまより、「コロナ禍の今こそ、生徒たちに“将来の自分”について考える機会を与えられないか」とご相談いただき、初のオンライン職業講話 “いきる・はたらくインタビュー” を開催いたしました!

タブレット27台、生徒88名、企業数8社、社会人24名。
各教室マスク着用、密にならないよう教室内の換気や人数などにも気を配り、前日には先生方にご協力いただきながら、すべてのタブレットの動作チェック、接続テスト…。

一時的に通信が不安定になったクラスもありハラハラしましたが、ものづくりの製造現場を覗かせていただいたり、建築現場から中継していただいたりと盛りだくさんの内容で、なんとか無事、プログラムを完走することができました!!

アスリードとしても初めての挑戦。NPOの運営メンバーでもある地元企業の皆さまのご支援・ご協力のもと、何度もWEBMTGを行いプログラムの形を模索。課題はもちろんたくさんありますが、生徒さんたちが楽しみながら社会人の方々のお話に耳を傾ける姿を見て、担当の先生からも「やって良かった!これからの時代の新しいスタイルとして他の学校でも取り入れられるといいね!」とお墨付きをいただくことができました✨ほっとひと安心…。。

「何か一つでも生徒さんたちの未来に役立てるなら…」とご協力いただいた企業の皆さま、「失敗してもいいから、やってみよう!」と機会をくださった横浜中学校さまに、改めて感謝申し上げます…!

【生徒さんの感想、一部抜粋してご紹介します!】

★今回の職業講話を聞いてどうでしたか?
・家を作る人がかっこよかった。そのような人と話せてよかった。
・社会人は自分らしさ(特徴)が大切とわかり、納得できた。
・将来する仕事は違っても、仕事に対する意識は参考になった。
・なかなか聞けない話を聞けて職業選択の幅が広がった。

★どんなことに気がつきましたか?
・話してくださった人の仕事の重要さと大切さに気付けた。
・職業は人生が変わる大事な事だと思いました。
・収入だけで職業を決めてはいけないということに気づいた。
・まだまだ知らない事が沢山ありとてもためになった。僕たちの日常には、陰で色々な人が努力してくれていると気づいた。

★これからどんなことをやりたい・挑戦したいですか?
・講話してくれた人のように大変な事を沢山体験・挑戦したい。
・目立たなくても、人のためにできる仕事に挑戦したい。
・わからないことは恥ずかしがらずに聞いて自分をのばす。

★職業講話をしてくれた社会人の方にメッセージ/感想を。
・職業の事や今までの経験を聞き、自分にも自信がわいた。
・訪問看護師に興味を持った。人を助ける仕事に興味がある。
・自分は今興味を持っていて挑戦するか迷っていたことがあったので、背中を押してくれたことに感謝しています。
・新しい人生の道を教えていただきました。今まではひとつにとらわれていましたが、新しいものをみることができました。

普段目にしているようで気づかなかった”身近な仕事の大切さ”や、頭の片隅にある”いつか社会人となって働くこと”への不安や期待。しっかり向き合って、将来を考えるきっかけにしてもらう事ができたのではないかと思います。

コロナ禍であっても、若者の”未来づくり”の歩みを止めてはいけないと再確認。お困りの学校、教育関係者の方がいらっしゃいましたら、是非一度ご相談ください!

※本プログラムは、一部公益財団法人かながわ生き活き市民基金(新型コロナ対応緊急応援助成)のご支援をいただき開催いたしました。