みらい応援団

みらい応援団

  • ホーム
  • みらい応援団:スクラムメンバー・協力・協賛
  • みらい応援団
  • みらい応援団

アスリードは、
若者たちの“みらいづくり”を応援する
地域の大人たち、地元企業の皆様の
協力により運営されています。
すべての若者が自分の可能性を信じて
未来を描ける社会を創るために。
アスリードの“”を
ご紹介します。

member

スクラムメンバー

事務局メンバーとともにアスリードの運営にたずさわり、
地域の大人たちが若者たちの未来を継続的に応援していくための
体制づくりやプログラム開発を担う。
アスリードの趣旨に共感する地元企業の経営者、各分野の専門家など、
個人の方々を中心に組織されています。

炭屋昭一郎

炭屋昭一郎SHOUICHIROU SUMIYA

株式会社ジン・コーポレーション 代表取締役

働き方改革の時代に、キャリア教育を通して社会の未来を描く!という想いをもつ企業と、子供・学校・企業同士が繋がる場をアスリードがつくってくれました。“働くということ”、“仕事”、“会社”を学ぶことを通して、子供と大人が共に未来を描いていきましょう。

石井 秀和

石井 秀和HIDEKAZU ISHII

株式会社南荘石井事務所 代表取締役

学校というコミュニティの中だけで過ごすのではなく、社会の一員として大切な時間をすごしてほしい。アスリードの役割は学校と社会の接点。多様な価値観に触れることでやがて訪れる人生の選択に自信をもって臨んでもらいたいです。

笠原 久芳

笠原 久芳HISAYOSHI KASAHARA

株式会社サンケイエンジニアリング 代表取締役

中学生や高校生に必要なのは、仕事をするうえでの基本を学ぶこと。基本は10代のうちから体験・実践することができるということを、アスリードの活動を通して多くの方に伝えていきたいと思っています。

岡野 美紀子

岡野 美紀子MIKIKO OKANO

株式会社栄港建設 代表取締役専務

これからの日本にとって、若者たちが人生を切り開くための「キャリア教育」は、地域・企業においても取り組むべきこと。若者たちに仕事を通した新しい居場所と希望ある未来を届けていきます。

木下 一真

木下 一真KAZUMASA KINOSHITA

株式会社バイオクロマト 代表取締役

“誰かがやらなきゃいけない志事”をアスリードが担う。
これを後押しなければ日本の将来が危ういと感じています。未来を担う卵である若者たちに、良い刺激を与え続けていきましょう!

男澤 誠

男澤 誠MAKOTO OZAWA

株式会社スリーハイ 代表取締役

次世代を担う子供たちが教科書には載っていない“自分たちの町の会社”に出会い、働くことに興味を持つことは、職業の選択肢を拡げることにつながるはず。“未来へのかけ橋”を創っていきましょう!

cooperative body

協力企業・団体

アスリードでは、会員の皆さま以外にも
若者支援に積極的な企業・団体に連携・ご協力をいただき、
プログラムをバックアップしていただいています。

桜光塾

桜光塾学習塾

支援内容.SAKURA ✿ café へのお菓子提供

横浜市泉区の学習塾。小学生・中学生に【一緒に考える環境】を提供しています。桜の木のように気軽に寄りかかれる存在として、学力はもとより【自ら輝く】人、また困難に抗う力を育てていきます。

COMMUNE BASE マチノワ

COMMUNE BASE マチノワコワーキング&ギャラリー

支援内容.リモートオフィスとしてシェアオフィスの一部を提供

「COMMUNE BASE マチノワ」は、町田市中町のコワーキング&ギャラリー。フリーランス、クリエイター等がネットワークを組んで活躍する場とチャンスを提供し、楽しく元気な街をつくっています。都心への長時間通勤を強いられている町田に住む人達のためのサテライトオフィスの役割も。町田近隣の森で間伐された木材を使ったオーダーメイドのブースやテーブルのある、閑静な住宅街の中の静かで暖かい大人のオフィスです。

Cafe&Factory DEN

Cafe&Factory DENカフェ・ショールーム

支援内容.リモートオフィスとしてカフェの一部を提供

東山田準工業地域の工場の中にある、隠れ家のようなカフェ。打ち合わせやワークショップ等のほか、ヨガ、撮影など、幅広い用途にスペースを提供しています。アスリードの活動の趣旨に賛同し、リモートオフィスとしてデスクワークやMTG時にスペースをご提供いただいています。

公益社団法人フードバンクかながわ

公益社団法人フードバンクかながわ食品ロス削減・食品の分配・提供

支援内容.SAKURA ✿ café へのお菓子・ドリンク等の提供

個人や団体・企業から消費するには十分安全であるにもかかわらず廃棄されてしまう食料の寄贈を受け、支援を必要としている人々に非営利団体を通じて適切に配るフードバンクシステムの確立をめざしています。地域の「たすけあい」「支え合い」「分かち合い」、相互扶助の社会づくりをめざすとともに、社会の食品ロス削減に向けた意識の向上を図り、社会福祉及び資源・環境保全の増進に寄与しています。