お知らせ

お知らせ

【キャリア教育支援動画『わたしごと』制作中!】

【キャリア教育支援動画『わたしごと』制作中!】

今年度新たにご参画いただいた日天㈱さま(太陽光発電システム販売)にて、キャリア教育支援動画『わたしごと』の撮影を行ってまいりました!小学生の頃から、野球に打ち込み続けてきた若手社員のSさん。大学4年生の大会では日本一に輝くも、ケガでプロ野球選手への道は絶たれ、そこから自分自身のキャリアを改めて考え始めました。

 

今では日天の営業担当として、太陽光発電システムの点検やご提案に奔走し、「活躍できる場所」を見出したSさん。人事担当のYさんにもご協力いただき、撮影は和やかに、順調に進んでいきました!

 

大好きなものを持っている!

挫折してしまった。

まだ自分が何をしたいのかわからない…。

新しいことにチャレンジしたい!

今の努力は、本当に将来に繫がるの?

営業ってどんな仕事…?

そんな若者に是非見ていただきたい “人生ドラマ”です。

 

今回も撮影には、ノクチ基地の末吉さんにご協力いただきました。Sさんの仕事の様子がリアルに伝わるよう、色々なカットを撮影していただき、仕上がりが今から楽しみです…!

完成まで、今しばらくお待ちください!

アスリードカフェ#02「私がアスリードを続ける理由」開催しました!

アスリードカフェ#02「私がアスリードを続ける理由」開催しました!

日頃よりアスリードを応援して下さる皆様や、キャリア教育に関心のある方々との交流促進を目的に、毎月第3木曜日19:00から開催している大人のためのキャリア教育講座「アスリードカフェ」

第2回目は当法人の理事を務める小島子奈宜さんに話題提供いただき「私がアスリードを続ける理由」というテーマでお話いただきました!ワークショップではこれまでの人生のターニングポイントを波形で表したライフラインチャートを作り参加者で共有しました!

 

●話題提供者 小島子奈宜さんのプロフィール

相模原市で育ち、小学5年生のときに参加した小学生向け起業家体験イベントにてキャリア教育と出会う。その後、大学2年生で小学生向け起業家体験イベントの運営スタッフを経験したのち、憧れだった旅行会社へ就職するも理想と現実のギャップに悩やむ日々が始まる。ある日、小学生向け起業家体験イベントのOBOGだった現アスリード共同代表の杉野と武政に声をかけられ、心機一転、株式会社さくらノートに転職を決意するも入社2年目で倒産。NPO法人アスリード設立に至る。

 

【当日の様子】

第2回目の参加者は小学1年生2名と4歳1名を含め12名が参加、初参加の方もいらっしゃったので改めて自己紹介からスタートしました!

小島さんがアスリードを続ける理由、それは・・・

①なにはともあれ面白い

②今しかできないと思っているから

③色んな大人と出会う大切さを知っている

1つ目の理由・・・10代の若者にさまざまな職業を伝えるには、まずは自ら現場に足を運びその仕事について知ることが面白いそうです。工事現場や研究施設など確かに大人の職場体験でワクワクしますね!

2つ目の理由・・・性格診断で”冒険家”と”仲介者”という性格に加え、”オタク気質”をもつ小島さん。なかなかNPOを立ち上げる経験はできないと冒険家精神が働き「推しは推せるときに推せ」と思ったそうです(笑)

3つ目の理由・・・小学5年生のときに参加した小学生向け起業家体験イベントで共同代表の杉野と出会い大学生で再会、就職活動で悩んでいた時期とも重なり杉野が連れて行ってくれた経営者会で、今回アスリードカフェにも参加して下さった村尾さんと出会い心が救われたとのこと。良い人との出会いが人生を変えることを実体験したからこそ、そのような機会を10代の若者へ届けたいと涙ながらに話してくれました。

 

ワークショップでは参加者全員でライフラインチャートを作り、これまでのキャリアを振り返り発表。「シート1枚じゃ書ききれないよ!」「全部かくと巻物になっちゃう」と笑いを誘う一幕もありました!

次回は3月21日(木)19:00から。

会場や内容は追ってご案内いたします、皆様のご参加お待ちしております♪

【テクニカルショウヨコハマ 同時開催 Think!キャリア】

【テクニカルショウヨコハマ 同時開催 Think!キャリア】

16名のキャリアコンサルタントやボランティアサポーターとともに、学生(神奈川県立産業技術短期大学校1年生約90名)むけプログラムを昨年につづき実施しました!会場は、800以上の企業があつまる工業見本市『テクニカルショウヨコハマ2024』。出展企業2社による特別講義を聴いてから、学生たちはワークシートをもって展示会場へ。
興味のある企業へインタビューをしたあとは、3~4名でのグループワーク。「仕事のやりがい」「なぜこの会社で働くのか」「役立っている学びは」など聞いてきたことをシェアしました。
 
たくさんの知識と技術を身につけようとしている学生たちですが、何のために?何をやりたいのか?とキャリアについて、じっくり考えたり、話したりする機会は多くないかもしれません。
 
各グループのファシリテーターがその想いを引き出し、学生自身の視野の広がりをサポートしてくれました。これから就活が本格化し、社会に出ていく学生たちにとって、今日見たこと、感じたこと、話したことが力になるよう願っています!
【特別講義協力 企業】
【ものづくり企業の魅力発見研修 主催者】
2月9日のSAKURA 🌸cafeの様子

2月9日のSAKURA 🌸cafeの様子

先週のSAKURA 🌸cafeの様子
卒業生が2名遊びに来てくれ、在校生と一緒にボードゲームを楽しんでくれました♪
お仕事終わりで疲れているだろうに…(´;ω;`)ウゥゥ
ボランティアスタッフの皆さんもありがとうございました!
★初開催★ みらいGREETING in 横須賀南高校

★初開催★ みらいGREETING in 横須賀南高校

横須賀市にある横須賀南高校は、多様な生徒を受け入れているクリエイティブスクール。
以前からご縁をいただき、この学校でSCC(スクールキャリカウンセラー)を務める
下村先生からのご相談をうけ、2年生向けにみらいGREETINGのプログラムを開催することとなりました!
生徒たちの卒業後の進路は進学6:就職4。「社会に出て働く」という状況が間近に迫っている生徒も多いそう。『ジブン軸』ワークや社会人との交流を通じて、今の自分自身を見つめ、これからの進路について考えるきっかけを提供し、進路選択の一助となれば…と、3週にわたってのプログラムを企画しました。
初のトライアル開催ということで、みらいGREETINGに参加経験のある会員企業様に協力を要請したところ、「卒業生を連れていきます」「生徒たちの力になれれば!」と4社の皆さまが手をあげてくださいました。まず1月12日に、事前授業として教室配信にて『ジブン軸(価値観・能力・興味関心)』を探るワークを行いました。「私の“能力”って何だろう?」「○○に興味あるって言ってなかった?」クラスメイトとワイワイ話しながら、今の自分と向き合います。
そして1月19日は、メインプログラムとなるみらいGREETING。仕事体験ワークをアイスブレイクに、社会人の皆さんが生徒たちの“進学や就職に関する不安・疑問”にこたえます。
「好きなことを仕事にしちゃうと辛いのかなって思うんですけど…」
「高卒だと、“ブラック”な会社にしか入れないと思ってて…」
「いい会社の見分け方ってありますか?」
生徒たちの等身大の“声”を、「私もそう思っていたことあるよ」と受け止めたり、「あなたはどう考えてるの?」と促したり…。さまざまなやり取りが展開されました。
そして最後の仕上げは1月26日。再び教室配信の形で、それぞれ『ジブン軸』の掘り下げや、卒業後の進路についての方針を立てていきます。
終了後のアンケートには、
「お話を聞いてすごくタメになる話が多かったし、自分の不安要素が少し緩和できて、すごい良かったなって思いました。」
「本格的に進路を考え悩み始めることができた。」
「前まで不安の方が多かったけど、今回の活動で可能性がたくさんあることを知れて、前向きになれました。」
といった声もたくさん…。
引き続き、自分自身の中にある価値観・能力・興味関心の幅を広げ、それぞれが「納得」できる進路を選び抜いてほしいですし、次年度にもまた引き続き支援を行えるよう、連携の道を模索していけたらと思います。改めまして、連携いただいた学校の皆さま、タイトなスケジュールのなかご協力いただいた企業の皆さま、そして当日運営の心強いサポートをしてくださったファシリテーターの皆さま、本当にありがとうございました!
【ご協力いただいた企業の皆さま】
イー・ケー・エスさま
スマイルさま
日本濾水機工業さま
ファームマネージメントさま
【大人のキャリア共育 アスリードカフェ#2のご案内】

【大人のキャリア共育 アスリードカフェ#2のご案内】

アスリードでは日頃より応援して下さる皆様や、キャリア教育に関心のある方々との交流促進を目的に、毎月第3木曜日19:00から大人のキャリア教育-アスリードカフェ-を開催しています。前回の様子⇒https://aslead.org/news/?id=news2486
第2回目は「私がアスリードを続ける理由」をテーマに、NPO法人アスリード理事の小島子奈宜さんより話題提供いただきます!
ワークショップでは参加者でライフラインチャートを作りますので、ご自身のキャリア(生きる・働く)の棚卸にお役立ていただければ幸いです!いつか職業講話をしてみたい方や、若者支援に関心のある方など、どなたでも大歓迎です!一緒に大人のキャリア共有を学びましょう!終了後は懇親会も予定しております、皆様のご参加心よりお待ちしております!
【開催概要】
日時:2024年2月15日(木)19:00-20:30 ※受付は18:30よりスタートします
話題提供者:NPO法人アスリード 理事 小島子奈宜さん
会場:COMMUNE BASE マチノワ(東京都町田市中町3-10-6)小田急町田駅より徒歩11分
参加費:1,000円
【懇親会】
日時:20:30~
会場:アスリードCafeと同じ会場
参加費:2,000円(飲食代込み)
●話題提供者 小島子奈宜さんのプロフィール
相模原市で育ち、小学5年生のときに参加した小学生向け起業家体験イベントにてキャリア教育と出会う。
その後、大学2年生で小学生向け起業家体験イベントの運営スタッフを経験したのち、憧れだった旅行会社へ就職するも理想と現実のギャップに悩やむ日々が始まる。ある日、小学生向け起業家体験イベントのOBOGだった現アスリード共同代表の杉野と武政に声をかけられ、心機一転、株式会社さくらノートに転職を決意するも入社2年目で倒産。NPO法人アスリード設立に至る。
新たな挑戦!!!

新たな挑戦!!!

今年4月から金沢区でスタート(予定)するプロジェクトの顔合わせを行いました!アスリードがキャリア共育のHUBとなって、大学生+企業+町内+行政とパートナーシップを組み、新たな10代の若者支援にチャレンジします💪

1月26日のSAKURACafeの一コマ

1月26日のSAKURACafeの一コマ

初参加の運営スタッフに優しく開店準備を教える生徒🧑‍🎓
生徒のための居場所を生徒が作る、大事ですね❤️
アスリードカフェ#01「若者支援に取り組む大人の姿勢」開催しました!

アスリードカフェ#01「若者支援に取り組む大人の姿勢」開催しました!

2024年からスタートしたアスリードカフェ、記念すべき第1回目は元横須賀市立中学校校長でキャリア教育コーディネーターの細野裕さんを講師にお招きし「若者支援に取り組む大人の姿勢」というテーマでお話いただきました。ワークショップでは若者を支援する際のやって良いこと(Do)とやってはいけないこと(Don’t)について考え共有しました。

 

●先生役 細野裕さんのプロフィール

横須賀市中学校教員として30年前に神奈川県では初めての職場体験プログラムを企画・実践、その後校長を歴任。

退職後に文科省キャリア教育委員、コーディネーターとして産官学横須賀キャリア教育推進事業を推し進めた立役者。

その取り組みは文科省・経産省が創設したキャリア育推進連携表彰で日本一を受賞、早くから横須賀をはじめとした若者たちの未来(あす)を創る礎を築いてきている。

 


[当日の様子]

第1回目のアスリードカフェは8名が参加。細野さんの「太くても細野、貧しくても裕」という聴く人を笑わせ記憶に刻む伝家の宝刀の自己紹介からスタートしました!

 

30年以上前に初めて中学校で職場体験を実施した細野先生、その理由は生徒に”自信”と“誇り”を持たせたかったから。問題行動を起こす生徒を見て「彼ら彼女らに足りないモノはこれだ」と感じたそうです。

 

近所に住む大人が自分の仕事に誇りを持ち、私を主語に子どもたちへ語り掛けることで、子どもは大人の背中から学びます。「キャリア教育は仕事を教えるのではなく、生き方を学ぶ教育です」とキャリア教育の神髄を学びました。

職業講話や職場体験で先生約を担う社会人には、“ゲスト”ではなく“当事者”としての意識を持ってほしいと話します。

 

「授業に身が入っていない生徒がいれば、あなた自身が注意して差し上げてください。それが先生を託されたということ。働く大人はみんな子どもたちの先生です」といつもの優しい笑顔で締めくくっていただきました。

 

後半のワークショップでは、若者支援をする際のやっていいこと「Do」とやってはいけないこと「Don’t」についてこれまでの経験をもとに書き出し発表し以下のアイデアが出ました!

 

これから毎月第3木曜日に開催してまいります。

 

2023年もありがとうございました!!

2023年もありがとうございました!!

仕事納めということで普段はリモートワークの私たちも本日は集合してお仕事です。

忘れもしない1月6日。
みんなで初詣に向かう途中「事業者登録を更新されていないので、SAKURACafeのプロポーザルに手をあげられません」という絶望の電話から始まった2023年・・・。

「ボランティアでいいので継続したい」と校長先生に掛け合ったところ「何かあったら私が責任を取りますので続けてください」と背中を押していただき、なんとか継続することができました。

初めての取り組みもたくさんありました。

テクニカルショウヨコハマにて学生向けプログラム「Think!キャリア」の実施や、藤沢市おやじフェスタにて「みらいコラージュ」など他団体と連携したり、みらいteacherでは地域のキーパーソンとなる方々と運営委員会を作り、中学校の職場体験をコーディネートさせていただきました。

もちろん良い事ばかりではなく何度も厳しい局面もありました。

しかしそのたびに手を差し伸べて下さる方が現れ、皆様に生かされていることを実感する1年でもありました。

こうして活動を続けられているのも支えて下さる皆様のお陰です。スタッフ一同心より御礼申し上げます。誠にありがとうございました!

2024年も皆様のご期待に応えられるよう、10代の若者支援に全力を注いでまいります。

2023年も大変お世話になりました。

皆様よいお年をお迎えください!

2023.SAKURA✿Cafeクリスマスパーティー

2023.SAKURA✿Cafeクリスマスパーティー

川崎市立高津高校定時制で実施している校内居場所カフェ「SAKURA✿Cafe」にてクリスマスパーティーを開催しました!

今年も皆様からたくさんのプレゼントをご寄付いただきました、本当にありがとうございました!

毎年恒例 立川 うぃんさんの落語に始まり“時そば”を披露いただきました。
そばをすするシーンでは生徒から「美味しそう」と言葉が漏れるほど話に引き込まれている様子。

「世の中には2通りの人間がいます。居場所を作る人間か、見つける人間か。どちらが良いということではなく、必ずどこかに居場所はある。SAKURA✿Cafeもその1つでしょう」

とメッセージをいただきました!

ビンゴ大会では50個ものプレゼントが集まり、参加した生徒全員に渡すことができました。

当日運営を手伝ってくれた生徒やアスリードスタッフの皆様、そしてプレゼントを寄付して下さった個人や団体、企業の皆様、本当にありがとうございました!

#株式会社サイマコーポレーション
#公益社団法人フードバンクかながわ
#IKEA 港北
#川崎フロンターレ
#株式会社 Joycort Support
#シンコー高圧洗浄株式会社
#TRIPLEef
#かわさきこども食堂ネットワーク
#ウエインズ
#公益財団法人GLP財団

 

 

横浜市立田奈中学校1年生に職業講話を行いました!

横浜市立田奈中学校1年生に職業講話を行いました!

2日前に課題解決型のキャリア教育プログラム(2年生向け)を行った田奈中学校で、1年生を対象とした職業講話を開催しました!

コロナ禍になってからご縁をいただいた田奈中学校。

昨年まではzoomを活用したオンラインでの開催を続けていましたが、久々にリアルな対面形式でのプログラムへと踏み切ることとなりました!

今回は50分という授業時間の中で、社会人の方の講話と質疑応答を行う、オーソドックスなタイプの講話スタイル。

仕事を進めるために必要な「PDCA」は学生生活のなかにもあること。
将来を考えるためにも、自分の“長所”と“短所”に向き合うこと。

これからの学生生活にも活かしていける大切なことを、たくさん伝えていただきました!

「生徒のリアクションを感じながら、話し合う姿も目の前で見ることができ、やりやすかった」
「ちょっとしたワークを入れたり、賑やかに授業できて、教室も盛り上がった」

昨年までのオンライン開催にご登壇いただいた企業様にもご協力いただき、実際に出会うことから生まれる“場の空気感”の重要性を改めて感じました…!

コロナ禍が落ち着き、職場体験にシフトしている学校も増えてきていますが、こうしてじっくりと社会人の“キャリア”や“想い”にふれる時間も、引き続き大切にしていきたいと思います。

今年度もまだまだ、「キャリア教育、どうしよう…」とお困りの学校さまがあればサポートさせていただきますので、是非お気軽にお声掛けください!

【ご協力いただいた皆さま】
川口宙さま(スクラムメンバー:正会員)
シンコ―高圧洗浄さま
夏島運輸さま
北要工業さま
大協技研工業さま
スマイルさま
横浜環境保全さま
JEホールディングスさま(ご登壇:本間たまえさま)