お知らせ

お知らせ

みらいteacher公開授業~みんなで学ぼう!「キャリア“共育”」~を開催しました!

みらいteacher公開授業~みんなで学ぼう!「キャリア“共育”」~を開催しました!

✨3月20日、オンラインイベント『みらいteacher公開授業~みんなで学ぼう!「キャリア“共育”」~』が無事開催されました!✨

会場は保土ヶ谷区の総合学習塾スクールネオさんにて、塾生の中学生4名にも参加してもらい行いました。

また配信は株式会社ノクチ基地様に担当していただき、カメラも2台体制!
準備中は、ズラッと並ぶプロの配信機器に塾生のみんなも興味深々。
イベント開始前から既にミニ職場見学が行われておりました😊

公開授業のトップバッターは神奈川県を中心に介護サービスを展開する株式会社スマイルの武内さん!

“仕事体験型”ということで、立位介助をみんなで実際にやってみることで、普段のお仕事を身近に感じることができました。

⭐️視聴者の方からのコメント(アンケートより抜粋)⭐️
・座学でありながら、仕事の現場が想像できるような講義で、分かりやすかったです。あたたかみのあるお話にも好感が持てました。

・命にかかわるお仕事をされると辛いこと、苦しいこともあるかと思いますが、それにどう向き合うのかお話が伺えて、私自身も勉強になりました。ありがとうございました。

・ちょうど親が還暦を迎え、自分にも近い将来「介護」が身近になることを感じ始めていました。武内さんがいつも笑顔で。とおっしゃっていたことが印象的でした。親も自分も、笑顔でいられる方法を選んでいければと思いました。

・自身もワークを取り入れていますが毎回時間が足りません。今回、体験しつつしっかり時間内で完結されていて感動しました。

★  ★  ★

個人のキャリアや生き方・働き方について語る“人生講話型”には株式会社solar crewの河原さんにご登壇いただきました。

学生時代の経験から学んだことや、困難への向き合い方など、人生を熱く語っていただき、生徒さんも真剣な眼差しで聞き、時には楽しみながら、質問タイムにはどんどん手を挙げて質問をしてくれました。

⭐️視聴者の方からのコメント(アンケートより抜粋)⭐️
・ありのままのお話を聞いて痺れました。人としての魅力があふれていました。学ばせてもらうことが多く、もっと社会課題解決の手段と熱量の両輪を持って取り組まなければ、と考えさせられました。

・ご自身を赤裸々に語りながら、「これから」を見つめている姿に感銘を受けました。「過去は未来で変えることができる」という言葉が響きました。ありがとうございました。

・カッコイイ大人ですね。子供たちが夢を持てる、挑戦できるような内容でした。

★  ★  ★

講話終了後、視聴者の皆様にも残っていただき、直接登壇者のお二人や生徒の皆さんとお話できる交流会も実施しました。

「登壇した大人の方々には、どんな気づきがありましたか?」
「生徒のみんなは、今日のお話を聴いて将来についてどう感じたの?」
「お話を聴いて、これまでの自分の人生も肯定できるような気がしました」

などなど、短い時間ではありましたが、参加していただいた皆様と同じ時間、つながる場を共有しました。

⭐️視聴者の方からの感想・ご意見(アンケートより抜粋)⭐️
・親や先生以外の第三の大人の話を聞く機会というのは、情報が身の回りにあふれている現代の子供たちにとって、非常に良い「選択肢の発見」につながると思います。有意義な活動なんだなって改めて感じました。

・職業そのものへの理解もありますが、何よりそれぞれの講師の方の生き方に触れる時間になったことに、可能性を感じました。

・子どもたちからの質問が多く、みらいteacherのテーマ通りのイベントでした。

・自身の仕事への向き合い方やこれからを再考する機会になりました。

★  ★  ★

今回初めての試みでしたが、視聴者の方々がキャリア教育の必要性や自分だったら未来ある若者に何を伝えていきたいのかを考えるきっかけになっていたら嬉しいなと思います😊

ご協力いただいた皆様、ご視聴いただいた皆様、誠にありがとうございました✨

【ご案内】アスリードの活動への参画・応援方法について

【ご案内】アスリードの活動への参画・応援方法について

アスリードでは、10代の若者たちに向けたプログラムを起点に、関わるすべての人々が枠組みを超えてともに学び、成長しあえる「キャリア“共育”」の機会を創り続けていくために、皆さまに継続的なご参画、応援をお願いしております。

私たちの想い、活動に共感し、これからも応援していきたい!と思ってくださった皆様のために、アスリードへの参画・応援方法をご案内させていただきます。

それぞれアイコンをクリックしていただくと、詳細のご案内ページにリンクします。お問い合わせ・ご相談はアスリード事務局にお気軽にお声掛けくださいませ。

10代の若者たちが、どんな環境にあっても自分を信じて自分の人生を力強く歩んでいく力を育んでいくために…皆様の継続的なお力添えを、どうぞよろしくお願いいたします!

【オンラインイベント開催!】みらいteacher公開授業 ~みんなで学ぼう!キャリア“共育”~

【オンラインイベント開催!】みらいteacher公開授業 ~みんなで学ぼう!キャリア“共育”~

アスリードでは、3月20日(日)14:00~16:00、横浜市内をはじめ年間30校の中学校や高校等で支援を行っているキャリア教育プログラム『みらいteacher』の様子を広く一般の方々に公開し、見学していただけるオンラインイベントを開催いたします。

10代の若者たちの「将来への不安」を「前向き」に180度変える大人たち(みらいteacher)による人生の授業を、皆さんも是非オンラインで一緒に体感してください!※本事業は、よこはま夢ファンドの助成事業です。

お申し込みはこちらから!(参加無料)
 https://miraiteacher-online.peatix.com/

【開催概要】
日  程:2022年3月20日(日)14:00~16:00 
     ※13:30より入室いただけます。
      また、16:00から30分ほど交流会も予定しています。
開催方法:ZOOM
参加方法:ピーティックスよりお申し込み下さい。参加URLをご案内いたします。
     https://miraiteacher-online.peatix.com/
定  員:70名
参 加 費 :無料

登壇企業:
仕事体験型:株式会社スマイル https://smile-kaigo.net/
人生講話型:株式会社solar crew https://solarcrew.jp/

協  力:
会場提供…総合学習塾スクールNEO(拠点:横浜市保土ヶ谷区) http://school-neo.net/
機材・配信…株式会社ノクチ基地(拠点:川崎市溝ノ口) https://nokuchikichi.com/ 
講話支援…細野裕氏(キャリア教育推進アドバイザー)

【タイムテーブル】
14:00 開会の挨拶
14:15 講話➀ ≪仕事体験型≫ 株式会社スマイル 講話30分+質問・感想15分
15:05 講話② ≪人生講話型≫ 株式会社solar crew 講話30分+質問・感想15分 
15:50 閉会の挨拶
16:00 参加者同士での交流会
16:30 終了

★★「みらいteacher」とは?★★
若者たちが「働くとは・生きるとは何か」について、実際に地元企業で働く大人たちと対話しながら学び、自分自身の未来を考えていくキャリア教育プログラム(授業)。2021年度はのべ30校(生徒数のべ3,500名)のプログラムをサポート、地域企業で働く大人(のべ120名)の登壇をコーディネートしてまいりました。

▶活動実績はこちら!
活動紹介 | 若者の未来(あす)をリードする NPO法人アスリード (aslead.org)

今回のイベントは、普段は学校の中で実施されているため見ることができない生徒と大人の対話の様子を『みらいteacher』というプログラムとして一般公開することで、その魅力や生徒たちに与える影響を肌で感じていただき、キャリア教育支援の重要性と可能性を多くの方々と共有したいとの思いで企画いたしました。

そしてまた、公開授業に参加していただく一般の皆様にも、自分自身のキャリア(働き方・生き方)と向き合える「キャリア“共育”」の時間を提供したいと考えています。

★★「みらいteacher」が若者たちに与える影響★★
2021年度に横浜市内の中学校(2年生)で実施した『みらいteacher』のプログラムでは、講話後に「自分の将来」や「社会に出て働いていく」ことに『前向きな気持ち』になった生徒の割合が18%から79%にアップするなど、10代の若者たちの未来に立ち向かっていく意欲に、大きな変化をもたらしています。

一生懸命勉強をすれば頭がよくなり、いい大学に進めるかもしれない。でも「何のために勉強するのか?」「自分は社会でどんな役割を果たせるのか?」という根本的な問いの答えは、予め準備されているわけではなく、一人ひとりが自ら見出すものです。

同じ地域で働くちょっと先の「みらい」を生きる大人が、仕事を楽しんだり、ときには人生の挫折を味わったりしているという経験を直に語ることで、若者が日々向き合っている学校生活の捉え方や将来への意識を変え、その”次の一歩”へ繋げます。

若者を応援したいと考える地域企業・団体の方々や、10代の子どもを持つ保護者の方、学校関係者の方、キャリア教育に興味・関心をお持ちの方など多くの方にご参加いただければ幸いです。

お申し込みはこちらから!(参加無料)
 https://miraiteacher-online.peatix.com/

★★よこはま夢ファンド(市民活動推進基金)とは?★★
 「よこはま夢ファンド」 は、横浜市内で活動する市民活動団体の支援のために活用される基金です。寄付されたお金は基金に積み立てられ、あらかじめ登録されたNPO法人の公益的活動への助成など、横浜市内で活動する市民活動団体の支援のために活用されます。今回のイベントは、このよこはま夢ファンドの助成を活用して開催いたします。

キャリア教育支援動画「わたしごと(恵比寿機工さま)」の撮影スタート!

キャリア教育支援動画「わたしごと(恵比寿機工さま)」の撮影スタート!

今回も 株式会社ノクチ基地 様 撮影のご協力のもと、横浜市旭区にある 恵比寿機工 様へ取材に伺いました♪

恵比寿機工様は線路の高架下や高速道路の下など環境や空間に制限がある場所での杭打ち工事に特化し、杭打ち機も自社開発している会社です。

「自分たちが作ったものに触れる瞬間、これが建設業の醍醐味」
「恩師と社長との出逢いが人生の分岐点でした」
「仲間の影響は大きい、良き友であり良きライバルと切磋琢磨したから成長できた」

身体に染みるお話をお伺いできました!

キャリア教育支援動画「わたしごと」は、コロナ禍で社会人のお話を聞くことができない学校の要望にお応えするため制作しています。

“これが、わたしのしごと”と、誇りを持って仕事に励む大人の想い、価値観に触れていただければと思います!

完成が楽しみです♪⇒他の動画はアスリードHPよりご覧いただけます♪ https://aslead.org/program/

アスリード共同代表理事杉野が『スタディツアー』に登壇しました。

アスリード共同代表理事杉野が『スタディツアー』に登壇しました。

神奈川県さま・認定NPO法人 市民セクターよこはまさまが主催する『スタディツアー』に、当法人協働代表の杉野が登壇させていただきました。

https://www.facebook.com/shiminsectoryokohama/

テーマは、先の読めない時代にともにソーシャルイノベーションを起こすために~協働から得られる気づきとは?~

まだまだ「協働」に関して学ぶことばかりの私たちですが、今後これからの社会に向けて学習指導要領の改訂も行われ、子供たちの“生きる力”を育んでいくために、教育現場では今まで以上に学校と地域、若者と大人とのつながり(協働)が求められる時代になっていくはず。

その時、
地域の大人たちは何ができるか?
企業には何かできるのか?
もっともっと、一緒に考え、一緒に学び、一緒に活動する機会を創っていきたいと、今回皆さんとお話させていただくなかで強く感じました。

日々の活動にかかりきりになって、自団体のことばかりに目が向いていたところで、今回の機会をいただけたことは、自分たち自身の視野を広げるきっかけにもなりました。

認定NPO法人市民セクターよこはまさま、お声掛けいただきありがとうございました!

横浜市立旭中学校で体験型の職業講話を開催しました!

横浜市立旭中学校で体験型の職業講話を開催しました!

1月18日、横浜市立旭中学校にて体験型の職業講話を開催しました!
コロナ禍のなかで開催自体も難しい状況ではありましたが、それぞれ検温、感染予防対策をしっかりと行い当日を迎えることができました!

体験型ということで企業の皆様とも事前に相談を重ね、重機や機材を持ち込んでいただき、いざ教室へ…!それぞれの様子をご紹介します^^

★栄港建設様★
現場監督から「家を建てるのにどんな役割がある?」「何人携わってる?」というクイズの後、建築資材を使った黒板作りの体験を行っていただきました!

★恵比寿機工様★
現場でお仕事をされている方から手ほどきを受け、水槽に浮かんだカラーボールをバックホウを操作してすくいあげる体験を行っていただきました。たくさんボールが取れる度に大きな拍手が起きて生徒も嬉しそうでした^^

★株式会社スマイル 様★
二人一組になり起立の介助体験を行っていただきました!普段何気ない動作でも力づくでは立たせることができず、コツを教えてもらうと簡単に立ち上がることができ大盛り上がりでした!

★日本濾水機工業様★
普段はプラントなどに収めている濾過機のコンパクト版を持参いただき、濾過実験を行っていただきました!「トマトジュースを濾過するとどんな色の液体がでてくるんだろう?」生徒は興味深々な様子でした!

★横浜環境保全様★
生ゴミをたい肥に変え農作物を作るフードループの勉強から、パッカー車を操作する体験を行っていただきました!パッカー車の中身を見ると「こんな風になっているんだー!」と歓声が上がっていました^^

各社工夫を凝らした内容に生徒も楽しそうな様子でした!

コロナ禍で開催判断の難しい中「生徒の為に体験型の職業講話を実施したい」と相談して下さった先生、快く引き受けて下さった企業様、そしてこの活動に応援して下さる皆様に改めて御礼申し上げます!!!

これからも子ども達が今後の自分の生き方を考える機会を提供してまいります!

沖縄県立鏡が丘特別支援学校3回目のオンライン職業講話を開催しました!

沖縄県立鏡が丘特別支援学校3回目のオンライン職業講話を開催しました!

11月からスタートした沖縄県立鏡が丘特別支援学校でのオンライン職業講話も、今回でいよいよ最終回!今回のリクエストは「ネイリストのお仕事」です。
今回のご登壇は、JR大森駅にほど近いネイルサロン、BOHO NAILS COLLECTIONのRINAさん。

ネイリストとして、また二児の母として働くRINAさんは、なんと高校生の頃(8年前)に、アスリード(当時は前身の団体でしたが…)がインターンシップ受入れ企業として担当させていただいた生徒さん!

卒業時に「ネイリストを目指す」と聞いていたので連絡を取ってみたところ、実際に夢を叶えて頑張っているのこと…店長さんにもご相談し、ご協力いただけることになりました!本当にありがとうございました!

今回はスタッフもネイルサロンにお邪魔させていただいたのですが、素敵なインテリアに観葉植物、ふかふかのソファー…リラックスできる魅力的な空間✨色鮮やかなネイルの見本を画面越しに見せていただくなど、リアルな現場の雰囲気を味わうことができました!

ネイリストになるには、まずは“技術”を身につけること。資格取得後も、常に新しいデザインや流行を勉強し、お客様の要望に応えられるよう努力することが大切です。

そして、技術と同じくらい大切なのが、お客様に満足していただける“接客”。会話やその時の雰囲気、細かいところにアンテナを立て、お客様が求めている対応、仕上がりを探っていきます。

生徒の皆さんからは
「デザインを考える時、気をつけていることはなんですか?」
「絵が苦手でもネイリストになれますか?」
「ネイリストになって学んだこと、成長したことは?」

などの質問が出ました。

RINAさんは若くしてママになったのですが、妊娠中に『ネイル』という夢中になれるものを見つけ、出産後からダブルスクールでネイルスクールに通い、資格を取得しました。

「やりたいことが見つかれば、いつからでも挑戦できる。やり抜けば周囲の人も助けてくれる」

と、力強く語ってくれたRINAさん。鏡が丘特別支援学校の皆さんの日々の経験の中にも、きっと将来の自分につながる出来事が散りばめられているんだろうな、と感じました。

BOHO NAILS COLLECTION
https://www.instagram.com/boho_nails_collection/
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000431380/

レポート:ボランティアスタッフ長谷川

沖縄県立鏡が丘特別支援学校2回目のオンライン職業講話を開催しました!

沖縄県立鏡が丘特別支援学校2回目のオンライン職業講話を開催しました!

皆様、改めまして新年あけましておめでとうございます!
新年から早速、職業講話の活動報告を…。
今年もたくさんの学校の支援を続けてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします✨

さて、今回のご報告は、11月に引き続きオンライン職業講話を実施した沖縄県の鏡が丘特別支援学校。

本日は、運営サポートとして同席させていただいたアスリードのスクラムメンバー(正会員)、浜中がレポートをお届けします!

今回のリクエストは、「ゲームクリエイターやプログラマーなど、IT関係のお仕事」ということで、以前からご縁をいただいていたタイムカプセル㈱の相澤社長にご登壇をお願いし、ご快諾いただきました。

「みんなはどんなゲームをやったことがある?」

という問いかけから、講話がスタート。

学生時代からゲームが大好きで「自分でゲームをつくろう!」と挑戦するも一度は挫折してしまったという経験がありながら、今では誰もが知る人気キャラクターのゲームや、野球やサッカーなどのプロスポーツチームのアプリなどを手掛けるまでになったという紆余曲折のお話は、生徒たちにも“諦めずに頑張っていれば、自分のやりたいことを叶えるチャンスをつかむことができる”と教えてくれたのではないでしょうか。

質疑応答の時間では、

「はじめてゲームをつくったときの気持ちは?」
「ゲームをつくるときに気をつけていることは?」
「中学生の今、どんな勉強をすればいいですか?」

など、“プロに聞きたい!”という気持ちが伝わってくる質問を投げかけていました。

最後に、ゲームやアプリ開発に興味があるという生徒に向けた「IT業界の歴史は、まだたった十数年。誰にでも可能性がある世界だから、興味があるなら今日からはじめよう!」というメッセージがとても印象的でした。

自分が実際に知っているゲームを作る人、作れる人が目の前にいるというのは興奮しますよね!

それだけでなく、みんなが楽しんでいるゲームが世に出るまでに、作り手の人が様々な試行錯誤を重ねていることを知ることができ、とても新鮮に感じられたのではないでしょうか。

ゲームを思いっきり楽しんだうえで、さらに作り手について考えたり、“自分だったら…”と考え始められるきっかけになるといいなぁと感じました!

次回、1月の開催が最終回となります。
また年明けに、生徒の皆さんに会えることを、スタッフ一同楽しみにしています!!

※今回、facebookをご覧いただいていた独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所の皆さまもオンライン見学にお越しくださいました!
「キャリア共育」にご関心のある皆様、是非お声掛けください(^^)

実施レポート:スクラムメンバー(正会員)浜中香織

★2021年、ありがとうございました★

★2021年、ありがとうございました★

アスリードは、本日が2021年最後の活動日。

24日のSAKURA✿cafeでのクリスマス会に続き、第二のリモートオフィス、コミューンベースマチノワ(町田)に集合し、一年を締めくくりました。

今年は昨年末に実施したクラウドファンディングの支援が広がり、職業講話に関するお問い合わせ、SOSのお声を数多くいただきました。
その数は、年度末には前身のさくらノート時代の3倍にもなる見込み…!!

コロナの状況はまだ楽観視できるものではありませんが、徐々に学校でも「そろそろ校内で、キャリア教育をやりたい…」という思いが膨らんでいることを実感しています。

この支援が継続できるよう、引き続き皆様のご理解、ご協力を賜りますよう、お願いいたします。

2022年も、もっと素晴らしい一年となりますように!

一人でも多くの若者、地域の皆様に、『キャリア”共育”』の機会を届けられますように!

今年一年、関わって下さったすべての皆様に心からの感謝を込めて…

ありがとうございました!!

※新年は1月4日から活動再開です!

★SAKURA✿cafeにて、クリスマス会を開催しました★

★SAKURA✿cafeにて、クリスマス会を開催しました★

2021年12月24日に川崎市立高津高校定時制で実施している校内居場所カフェ「SAKURA✿cafe」にてクリスマス会を開催致しました!

Facebookにて生徒へのクリスマスプレゼントを募集させていただいたところ、たくさんの方々からご寄付を頂きました。本当にありがとうございました!

当日はビンゴ大会を開催し、皆様から頂いたメッセージとともにプレゼントを渡すことができました。

コロナ禍になってからイベントも一切中止になってしまっていたため、少しでも想い出を作ってあげたいという思いから企画しましたが、想像以上に盛り上がり素敵な時間を過ごすことができました。

Caféを利用する生徒の中には生活に困窮する世帯や、両親との不仲で家に居場所がない生徒もいます。

「クリスマスプレゼントをもらったのはいつぶりだろう」と喜ぶ生徒もいました。地域にこれだけたくさんの大人たちが「みんなの未来を応援している!」と伝わったと思います。

ご寄付をして下さった皆様、そして日頃より支援していただいている皆様、本当にありがとうございました。

今回繋がりのある方には直接お礼をさせていただいたのですが、匿名で送ってくださった方や、繋がりのある方のご友人からもご寄付を頂きました。

この場を借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございました!!!!

横浜市立生麦中学校で、オンライン職業講話を開催しました!

横浜市立生麦中学校で、オンライン職業講話を開催しました!

11月26日は、横浜市立生麦中学校にて4社の企業様のご協力のもとオンライン職業講話を実施しました!

今回は、2クラスに1社つなぐ形に挑戦。

クラスが見渡せるよう、黒板の上にPCを設置して、モニター越しに映る隣の教室に声をかけたり手を振ったりしながら、にぎやかに企業の皆さんを待ちました。

今回ご協力いただいたのは、美容室のTRIPLE-efさま、給食事業などを手がけるハーベストネクストさま、金型製造の昭和精工さま、オンリーワンの家づくり栄港建設さま。

業界全体のお話や、会社の様子、仕事の内容がよくわかる動画をご用意いただいたり、生徒たちが参加できるクイズを考えてきてくださったり…。

「挨拶はなぜ大切なのか」や「中学生のうちにやっておくとよいこと」など、中学生が今すぐ実践できるアドバイスも送ってくださいました。

講話の後半は質問コーナー。お話を聞いて、

「仕事に対してプライドを持っていますか?」
「社員さん同士ケンカしたらどうするんですか?」

など質問もたくさん出ていました。

「年収はいくらですか?」

といった直球の質問にどよめく一幕もありましたが、稼ぐためには勉強し続けなければならないことや、仕事に取り組む姿勢、心構えなども教えていただき、将来に向けて「頑張ってみよう」と思えた生徒さんも多かったのではないでしょうか。

この11月は、大学病院や学校含め、なんと12開催…。。

怒涛の1カ月で本当にドタバタでしたが、開催後に担当の先生から

「もっとオンライン職業講話、広めていきましょう!」

と声をかけていただいたときは本当に嬉しく心強く、“私たちにできることはまだまだある!”と気持ちを新たにしました✨

今回もクラウドファンディングの支援金を活用したプログラムとなりましたので、支援者の皆様からのメッセージ、動画をお渡しして、今回のプログラムは終了。

ご支援いただいた皆様、ご登壇いただいた企業の皆様、学校の皆様、本当にありがとうございました!

タウンニュース港北区版に掲載されました!

タウンニュース港北区版に掲載されました!

横浜市立高田中学校でコーディネートさせていただいた職業講話の様子がタウンニュース港北区版に掲載されました。https://www.townnews.co.jp/0103/2021/12/09/603312.html

先生からの「教員だけでは集められる業種も限られてしまう。幅広い話を聞くことができ、お願いしてよかった」というお言葉が、アスリードにとってなによりのやりがいです。